土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.31
石炭灰造粒物層内における地下水流動と濁質の輸送
中下 慎也中本 健二中澤 泉福嶋 正博日比野 忠史
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_1089-I_1094

詳細
抄録

 広島デルタの河口域の河川干潟では生活排水の増加によりヘドロ化が進み,アナジャコ等が優占する泥干潟が形成されている.泥化が進み,かつ護岸堤内側との地下水流動が遮断された河川干潟の底質環境改善を図るため,2011年には石炭灰造粒物を用いた透水層が設置された.本研究では石炭灰造粒物層内における地下水流動性を把握するために,施工から2年後の2013年から2014年にかけて造粒物層内の流動性,地下水の性状の測定,地下水の連続測定を実施した.石炭灰造粒物層内では施工から2年後においても十分に地下水の流動が生じており,地下水流動に伴って酸素を含む地下水とクロロフィルaを含む濁質が造粒物層内へ輸送されていることが明らかとなった.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top