土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.33
津波の越流により生じる海岸堤防裏法尻周辺の流動場の特徴と洗掘対策の有効性に関する数値解析
中村 友昭日比野 加奈趙 容桓水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_114-I_119

詳細
抄録

 越流した津波により海岸堤防裏法尻周辺に形成される流動場の特徴とその形成条件を考究し,流動場の形成条件を踏まえた洗掘対策の有効性を検証するため,実スケールの数値解析を実施した.その結果,裏法を流下してきた流れが跳水の下に潜り込む潜り流れと保護工岸側端で剥離した流れの下に洗掘孔の表面に沿って上流に戻る流れが形成される時計回りの渦の2種類の流動場が形成されることを確認した.また,潜り流れは保護工岸側端での底面流速が下向きに近い時に形成されることが判明し,洗掘深と洗掘幅を増加させる潜り流れを形成させないようにするためには,底面流速の向きを水平に近づけることの重要性を示した.裏法を急勾配にして保護工を設置する対策には,底面流速の向きを水平に近づけ,保護工岸側端近傍の洗掘を抑える効果があることを示した.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top