土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.33
係留鎖の挙動を考慮した浮体の動的波浪応答に関する数値解析手法の開発
𠮷藤 尚生水谷 法美中村 友昭
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_713-I_718

詳細
抄録

 浮体構造物の波浪応答解析は従来から重要な研究課題で,その数値解法が数多く開発され,実務面でも利用されてきている.しかし,係留浮体の波浪応答については従来広く用いられてきた方法では,事前に係留鎖の状態を仮定する必要があるなど課題が残されていた.そこで著者らは,従来の手法に比べてより物理的な現象を直接的にモデル化することで,係留鎖のたわみや着底を含めた挙動についても,統一的に再現可能な新しい手法を開発した.
 本研究では,その新しく開発した手法を,実問題への応用の前段階として,既知の張力理論や1点係留ブイおよび浮体式防波堤の実験と比較・検証を実施した.その結果,いずれにおいても良好な結果が得られ,本手法の有効性を確認することができた.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top