土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.33
世界自然遺産イシュケウル湖の環境修復における微生物固化技術の適用性について
畠 俊郎水谷 崇亮渡部 要一
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_863-I_868

詳細
抄録

 チュニジア国唯一の世界自然遺産であるイシュケウル湖では,流入河川上流域に建設された貯水池(ダム)により,淡水および濁質の湖内への流入が抑制され,結果として湖底浸食や湖水の塩分濃度上昇などの環境悪化が進行する状態となった.これにより,渡り鳥の営巣地としての機能が低下して危機遺産リストへ登録された.その後の対策でリストからは削除されたものの,更なる環境修復が課題とされている.本論文では,この環境悪化要因の一つと考えられる湖底浸食を抑制する技術として微生物固化技術に着目し,微生物機能を活用することで湖底表層を底生生物の生育に悪影響を与えない範囲で固化し,風波などによる浸食抑制を通じて渡り鳥の営巣地としての機能回復を図る新しい環境復元技術の適用性を室内試験により検討した結果を報告する.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top