土木学会論文集E1(舗装工学)
Online ISSN : 2185-6559
ISSN-L : 2185-6559
和文論文
打音法による新幹線用軌道スラブ-てん充層間の空隙検知方法に関する研究
稲葉 紅子高橋 貴蔵渕上 翔太桃谷 尚嗣内藤 英樹
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 78 巻 1 号 p. 1-11

詳細
抄録

 スラブ軌道はコンクリート道床,てん充層,軌道スラブ等からなる軌道の一つである.経年したスラブ軌道の一部では,軌道スラブの底面とてん充層の上面の間に空隙を生じる場合があり,これを検知することが維持管理上の課題となっている.本研究では,空隙の検知手法として打音法に着目し,実物大供試体による打音試験,固有値解析および教師あり機械学習による検討を行った.その結果,打撃位置およびスラブ軌道全体の支承状態が打撃音の音響特性に与える影響についても考慮する必要があること,教師あり機械学習を用いることで高精度に空隙を判定し得ることが示された.ただし,本研究では,独立性が明らかな未知のデータに対する判別性能の検証を行っていない.ゆえに,そのようなデータを判定した場合の判別性能については,別途検証する必要がある.

著者関連情報
© 2022 公益社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top