土木学会論文集F5(土木技術者実践)
Online ISSN : 2185-6613
和文論文
土のう工法の普及活動を通した未舗装道路整備のBOPビジネス化
福林 良典本庄 由紀木村 亮
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 1 号 p. 13-23

詳細
抄録

 開発途上国では雨季に未舗装道路のトラフィカビリティが確保されないことが,人々の市場や学校,病院へのアクセスを妨げ貧困の一因となる.沿線住民が問題箇所の改築を行いアクセスが改善されるよう,土のう工法や道路維持管理技能の研修を進めた.研修後住民による道路改修活動を,持続し活性化させることが課題であった.
 ケニアでは,未舗装道路改修が,BOP(Base of the Economic Pyramid)層,特に若者層によるビジネスとして実施される仕組が整備された.土のう工法が公認され,労働集約的手法による公共道路工事が発注される.技能を習得した若者グループが起業し,公共道路工事を受注して事業活動を活性化させている.
 本論文では,未舗装道路改修がBOPビジネスとして実施されるに至る取組や背景を整理した.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top