J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 69 (2013) No. 4 p. I_750-I_757

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.69.I_750

地震工学論文集第32巻(論文)

 プレート境界で設定するすべりに対して分岐断層で設定するすべりがどの程度であるべきかについての知見はこれまで十分に得られていない.本研究では,プレート境界で発生した破壊が浅部に向かって伝搬する場合に,プレート境界に破壊が伝搬する場合と分岐断層に破壊が伝搬する場合とで,どのように違うのか力学的に考察した.また,発生する津波の特徴の観点から両シナリオの違いを整理した.

Copyright © 2013 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有