J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 70 (2014) No. 4 p. I_1089-I_1095

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.70.I_1089

地震工学論文集第33巻(報告)

 著者らはこれまで,海溝型巨大地震による強震動の波形,スペクトルなどを高精度で再現できる震源モデルとしてSPGAモデルの開発を行ってきている.このモデルを,歴史地震の再来を想定した被害予測などに適用する場合には,歴史地震の震度データを満足するように震源モデルの作成を行うことも求められる.そこで本研究では,そのような事例として,1703年元禄地震の震度分布を満足するようなSPGAモデルを作成することを試みた.個々のSPGAのパラメタは経験式から初期値を設定し,震度データの再現状況を見ながら調整した.その結果,3つのSPGAを含む震源モデルにより概ね震度データを説明することができた.

Copyright © 2014 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有