土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
地震工学論文集第33巻(論文)
超高密度地震観測情報に基づく地盤震動特性の評価
猪股 渉乗藤 雄基大田 肇士丸山 喜久
著者情報
ジャーナル フリー

70 巻 (2014) 4 号 p. I_187-I_198

詳細
PDFをダウンロード (2338K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究では,2005年千葉県北西部地震,2009年駿河湾沖地震,2011年東北地方太平洋沖地震の際に東京ガスのリアルタイム地震防災システム“SUPREME”が高密度に観測した地表面地震記録および首都圏地震観測網(MeSO-net)による東北地方太平洋沖地震の際の地下20mでの地中地震記録を用いて,東京都の地盤増幅度や地盤震動特性を推定し,SUPREMEの広域地盤データと比較した.この結果,SUPREMEの地盤増幅度は東京都の大部分で適切に評価されているが,東京都東部については20m以深の地盤データを考慮することで,より妥当な地盤増幅率が設定できるものと考えられる.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top