土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
地震工学論文集第33巻(論文)
断層モデルと地盤の非線形性を考慮した簡便な強震動予測手法の提案
池田 隆明小長井 一男釜江 克宏入倉 孝次郎清田 隆目黒 公郎
著者情報
ジャーナル フリー

70 巻 (2014) 4 号 p. I_252-I_262

詳細
PDFをダウンロード (3212K) 発行機関連絡先
抄録

 断層モデルによる強震動予測(例えば,経験的グリーン関数法や統計的グリーン関数法)では,大地震と小地震の地震の相似則と震源スペクトルの相似則に基づき経験的または統計的グリーン関数の線形な重ね合わせで地震動が合成されるため,軟弱地盤では特に短周期領域で合成波形が過大評価となる.筆者らは経験的グリーン関数法と地盤の非線形地震応答解析を組み合わせた詳細な方法を提案しているが,詳細な地盤特性が必要であるため評価地点が多い場合には困難を伴う.そこで,予測対象を応答スペクトルに絞り,評価地点のAVS30と断層モデルから直接得られた地震動から地盤の非線形性を考慮した応答スペクトルが評価できる簡便な方法を考案した.また,実観測記録を用いた検証により,詳細な方法と同程度の精度で応答スペクトルが評価できることを示した.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top