J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 70 (2014) No. 4 p. I_263-I_272

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.70.I_263

地震工学論文集第33巻(論文)

 大規模地震災害時に発生しうる莫大な数の建物被害認定調査を効率的かつ迅速に実施するための遠隔建物被害認定システムを構築した.筆者らが構築したシステムの有効性を検証するために,東北地方太平洋沖地震での建物被害認定の経験のある自治体職員を対象としてシステムの実証実験を実施した.その結果,写真を用いた遠隔建物被害認定システムによる遠隔判定が可能であることが示唆された.しかし,判定時には,部位による判定のうち被害程度と損傷面積の判定に特に留意する必要があることも明らかとなった.

Copyright © 2014 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有