土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
地震工学論文集第33巻(論文)
河川の特殊堤の地震被害に関する事例分析と動的遠心模型実験
梶尾 辰史片岡 正次郎金子 正洋谷本 俊輔佐々木 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

70 巻 (2014) 4 号 p. I_718-I_733

詳細
PDFをダウンロード (4798K) 発行機関連絡先
抄録

 特殊堤の地震被害のメカニズムを明らかにするために,特殊堤の地震による被災事例を収集し,その被災原因の分析を行い,その結果を基に動的遠心模型実験を実施することで被災メカニズムを整理した.被災事例整理の結果から,被災原因が液状化であると想定でき,液状化層厚2m程度を越えると被害が顕著になることが分かった.この結果を基にモデルケースを決め,模型実験を実施したところ,地震時の液状化による被災メカニズムが明らかとなった.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top