土木学会論文集A1(構造・地震工学)
地震工学論文集第33巻(論文)
不同沈下する粘性土地盤上の砂質地盤のN値の変化に関する実験的研究
北出 圭介一井 康二高町 茉莉松野 隆志井合 進飛田 哲男
著者情報
ジャーナル フリー

70 巻 (2014) 4 号 p. I_751-I_760

詳細
PDFをダウンロード (1313K) 発行機関連絡先
抄録

 粘性土地盤においては,不均質な地盤構成等に起因して圧密沈下量が一様にならない不同沈下が発生することがある.このような不同沈下等によって埋立土層の一部が大きく沈下した場合,上層の埋立土の状態は一様とならず,地震時の液状化の発生も一様とならない可能性がある.本研究では,遠心載荷装置を用いた実験を実施し,埋立土層底面に沈下が発生した場合の地盤内応力の変化および地震時の液状化の様相を検討した.その結果,沈下部直上で地盤内応力が減少し,地震前の地盤内応力が不均一となることを確認し,この不均一の程度はN値に換算してほぼ±50%と算定された.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top