土木学会論文集A1(構造・地震工学)
地震工学論文集第33巻(論文)
遠心場擬動的実験による動的相互作用評価と課題
佐々木 義志高橋 良和澤田 純男
著者情報
ジャーナル フリー

70 巻 (2014) 4 号 p. I_761-I_774

詳細
PDFをダウンロード (3889K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究では,構造系の地震時挙動を把握するための実験手法として提案された,擬動的実験の一つである遠心場擬動的実験を対象とし,この実験手法の適用性に関する検討を実施している.既往の擬動的実験システムでは地盤振動の効果,基礎のロッキング,杭の慣性力を考慮することができないため,新たにこれらの影響を考慮できる擬動的実験システムを構築し,シミュレーションによる考察を行った.さらに,上部構造物の特性を変えた擬動的実験を実施し,振動台実験との比較を行っている.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top