J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 70 (2014) No. 4 p. I_761-I_774

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.70.I_761

地震工学論文集第33巻(論文)

 本研究では,構造系の地震時挙動を把握するための実験手法として提案された,擬動的実験の一つである遠心場擬動的実験を対象とし,この実験手法の適用性に関する検討を実施している.既往の擬動的実験システムでは地盤振動の効果,基礎のロッキング,杭の慣性力を考慮することができないため,新たにこれらの影響を考慮できる擬動的実験システムを構築し,シミュレーションによる考察を行った.さらに,上部構造物の特性を変えた擬動的実験を実施し,振動台実験との比較を行っている.

Copyright © 2014 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有