J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 70 (2014) No. 4 p. I_921-I_946

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.70.I_921

地震工学論文集第33巻(論文)

 本研究では,下水道埋設管路の中でも汚水管を対象とし,1995年兵庫県南部地震および2011年東北地方太平洋沖地震における被害データから,地震動やそれに伴う液状化による被害の分析を行った.被害延長を敷設延長で除して被害率と定義し,地震動強さを表わす地表面最大速度PGVおよび計測震度IJと被害率との関係を管種,管径,微地形区分および液状化の影響度の観点から分析した.その上で,被害率と地震動強さの関係を地震被害率曲線としてモデル化した.

Copyright © 2014 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有