J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 71 (2015) No. 4 p. I_737-I_748

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.71.I_737

地震工学論文集第34巻(論文)

 免震支承の経年劣化が顕在化してきており,経年劣化した免震支承における力学的特性のモデル化および免震橋梁としての地震時安全性評価が課題となっている.本研究では,経年劣化した免震支承の正負交番載荷実験の結果に基づいて,経年劣化による免震支承の力学的特性の変化が免震支承-RC橋脚系の地震応答に及ぼす影響について,漸増動的解析を用いた基礎的検討を行った.その結果,免震支承-RC橋脚系において,免震支承の経年劣化に伴う減衰性能の低下によって,健全時よりも小さな地震動強度においてRC橋脚の塑性化進展が卓越するようになること,そのような強度の地震動作用下では,RC橋脚の応答は地震動によって大きくばらつくことが示された.

Copyright © 2015 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有