土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
ISSN-L : 2185-4653
和文論文
高減衰ゴム支承の水平2方向・大ひずみ変形時の挙動を表現した2方向復元力モデルの開発
党 紀五十嵐 晃村越 雄太
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 1 号 p. 250-262

詳細
抄録

 水平2方向の地震動を受ける免震橋の合理的な耐震設計手法を確立するため,水平2方向に載荷を受けるゴム支承の履歴復元力特性を検討するとともに,新たな2方向復元力モデルを提案する.まず,静的載荷実験から水平2方向載荷された高減衰ゴム支承(HDR-S)の履歴復元力の特性を抽出した.さらに,既存の履歴復元力モデルによる荷重と載荷実験の結果の間に相違が生じる原因を分析し,それに基づき修正Park-Wenモデルを提案した.修正Park-Wenモデルはバイリニアモデルと比較し,高減衰ゴム支承の2方向載荷に特徴的な復元力特性を表現できる優位性を持ちながら,パラメータ数は少ないことが特徴である.ハイブリッド実験の結果により,修正Park-Wenモデルによる高減衰ゴム支承の地震時復元力の評価と動的応答解析の妥当性を確認した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top