土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
ISSN-L : 2185-4653
地震工学論文集第35巻(論文)
強震動の観測記録の水平2方向特性の分析と水平2方向応答スペクトルに適合する入力地震動の作成法の提案
井上 和真渡辺 和明五十嵐 晃畑 明仁
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 4 号 p. I_555-I_568

詳細
抄録

 土木構造物の耐震設計,耐震性能照査では,応答スペクトルに適合した地震波を用いて,水平1方向と鉛直方向の組合せによる動的解析が行われる.近年の設計手法や解析手法の高度化に伴い,地震時挙動の3次元性を考慮した耐震検討が行わるようになり,従来の水平1方向に加えて,直交する水平成分の入力地震動の設定も必要となるケースが出てきている.本研究では,従来の設計・照査用の応答スペクトルに基づいて設定された直交方向の応答スペクトルと2方向応答スペクトルに適合する水平2方向入力地震動の作成法を提案した.併せて,多数の強震動の観測記録の水平2方向特性の分析として,応答スペクトルと加速度軌跡の傾向を示した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top