土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
ISSN-L : 2185-4653
地震工学論文集第37巻(報告)
熊本地震における水道施設の被害分析 ~杭・井戸の被害検証と現耐震設計法の課題~
宮本 勝利小西 康彦飛田 哲男鍬田 泰子中澤 博志
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 4 号 p. I_986-I_1001

詳細
抄録

 熊本地震では,水道施設にも多数の被害が生じたが,河川に囲まれた軟弱な粘土層と飽和砂層で構成された低地にある水道用井戸の水源地周辺においては,想定していなかった顕著な地盤変状に伴う水道施設の被害や,新耐震基準以降に建設された水道施設の建築物に基礎被害が多数確認された.筆者らは,浄水場や下水処理場および上下水道管路網の地震被害軽減対策を研究しており,これらの水道施設の被害と液状化を含む地盤の地震時挙動との関連性や対策に関する知見を得るために各種調査や検証解析を実施した.本報告では,これらの調査結果を報告するとともに,熊本市の水道事業において特に重要な井戸水源地施設の基礎杭及び井戸ケーシングを対象として,地震被害のメカニズムや要因を分析し,今後の耐震設計における留意点などを考察した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top