土木学会論文集F6(安全問題)
Online ISSN : 2185-6621
ISSN-L : 2185-6621
特集号(和文論文)
深層学習に基づく配管バルブの健全性モニタリング
野村 泰稔井田 一晟宮地 翼宮本 学菅 真人
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_183-I_190

詳細
抄録

 配管系を構成するバルブは流体の存在する建設設備やプラント等において欠かせないものである.しかしながら,バルブの制御不良による事故は多く報告されており,事故の原因として,バルブに錆びつき固着が発生し開閉不能になることが挙げられる.錆びつき固着による動作不良は,製品品質だけでなく,人命に関わる重大な事故に直結することから,安全性確保の観点からバルブの健全性の把握は重要である.本研究では,バルブの健全性モニタリング技術の開発を目的として,バルブを開閉することなく,流体が常時流れている際の振動から,周波数特性のフーリエ振幅値を画像化し,深層学習の一種である畳込みニューラルネットワークを用いてバルブの状態を識別することを試みた.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top