J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本計算工学会論文集
Vol. 2008 (2008) P 20080014

記事言語:

本論文では,歯科診断·診療支援ツールとしてのインプラント周辺骨の応力解析システムを構築した.個々の要素技術の高度化よりも,システム全体としての補綴歯科臨床ニーズへの適応性に重点を置いた.CAE/CADソフトウェアの活用により,簡便な手続きによりCT画像に基づいて患者個々の特性を反映した顎骨·インプラントFEM解析モデルを作成し,応力解析を実施した.生体内実測された咬合機能時の荷重データを用いることにより,患者の個体差を反映した全体解析を行うことに成功した.また,応力解析の結果を評価するための簡便な評価指標を提案し,インプラント本数·埋入方向·直径の影響など,インプラント臨床で問題となる幾つかの代表的な因子について力学的観点から定量的な影響評価を試み,歯科診療支援ツールとしての適用性を検証した.

Copyright © 2008 The Japan Society For Computational Engineering and Science

記事ツール

この記事を共有