日本計算工学会論文集
Online ISSN : 1347-8826
領域分割法におけるローカルSchur補元アプローチの性能評価
河合 浩志荻野 正雄塩谷 隆二山田 知典吉村 忍
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 2016 巻 p. 20160006

詳細
抄録

PCクラスタやスーパーコンピュータ上における数値シミュレーションの総合性能を改善するためには, 並列効率だけではなく計算ノード単体性能も以前より重要な指標となってきている. 特に, 近年のマルチコアアーキテクチャを有効活用することが重要である. 本論文は, 領域分割法に基づく有限要素解析コードの最適実装について述べ, さらに性能予測モデルを提案するものである. 特に, 部分領域ごとのローカルシュアコンプリメント行列の陽的構築を行うLSCアプローチについて示す. また, 開発した性能予測モデルと京コンピュータやPCクラスタにおける数値実験結果を用いて, 提案アプローチが既存アプローチに比べて省メモリ性能だけでなく計算時間についても優位であることを示す.

著者関連情報
© 2016 The Japan Society For Computational Engineering and Science
前の記事 次の記事
feedback
Top