J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本臨床免疫学会会誌
Vol. 32 (2009) No. 1 P 61-65

記事言語:

http://doi.org/10.2177/jsci.32.61

症例報告

  症例1は46歳男性.1975年頚部痛,四肢関節の疼痛,腫脹出現.1983年X線写真上仙腸関節炎,HLA B-27陽性にて強直性脊椎炎(AS)と診断.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に加えsulfasalazine (SSZ)投与後methotrexate (MTX)に変更し17.5 mg/週まで増量,prednisolone (PSL) 7.5 mg/日併用したが改善に乏しかった.2005年4月infliximab (IFX)導入後疼痛,炎症反応改善し,PSL中止,MTX10 mg/週まで減量できた.症例2は57歳男性.1975年頚部可動性悪化.1989年X線写真上頚椎強直,仙腸関節炎にてASと診断され,NSAIDs使用.1994年四肢関節の疼痛,腫脹出現しPSL10 mg/日投与,bucillamine, MTX8mg/週,leflunomideを試みるも改善に乏しかった.2005年5月IFX導入にて,短期的には四肢関節炎が改善した.わが国でも従来の治療に抵抗性のASにはIFXも選択肢の一つとなる治療法と考えられた.

Copyright © 2009 日本臨床免疫学会

記事ツール

この記事を共有