日本臨床免疫学会会誌
Online ISSN : 1349-7413
Print ISSN : 0911-4300
男性全身性エリテマトーデス17例の臨床像の検討
穂坂 茂間中 久美岡田 純近藤 啓文柏崎 禎夫
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 16 巻 1 号 p. 52-57

詳細
抄録

&全身性エリテマトーデス(SLE)は男性にはまれな疾患である.今回,われわれは男性SLE 17例を対象に,その臨床像,血清学的および内分泌学的検討を行った.発症年齢,観察期間を一致させた女性SLEと比較して,男性例では日光過敏症が有意に多く(p=0.04),リンパ節腫脹と中枢神経障害がやや多かった.腎障害は同率であったが,ネフローゼ症候群が男性に多かった.白血球減少は女性例に有意に多かった(p=0.07)が,血清学的検査で男女間に有意差は認められなかった.治療内容では,男性例により多くのステロイドホルモンが必要とされた,われわれの男性SLEは女性例に比してやや重症である傾向がみられた.
血中性ホルモン値では,従来報告されているestrogenの上昇を示す症例はなく,一部の症例で大量ステロイド剤や免疫抑制剤による精腺障害,視床下部-下垂体機能障害が疑われた.

著者関連情報
© 日本臨床免疫学会
前の記事 次の記事
feedback
Top