臨床神経生理学
Online ISSN : 2188-031X
Print ISSN : 1345-7101
特集「脳機能計測法を基礎から学ぶ人のために」事象関連電位
P300応用 認知科学の立場から
入戸野 宏
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 41 巻 2 号 p. 86-92

詳細
抄録

事象関連電位のP300波が発見されてから50年近くが経過した。P300の機能的役割についてはいまだ明らかでないが, 惹起される条件はほぼ解明されている。本稿では, まずP300の基礎知識を認知科学の立場から簡潔にまとめる。次に, 医療以外の分野におけるP300の応用例として, プローブ刺激法による注意配分量の推定, 隠匿情報検査による記憶の検出, ブレイン–コンピュータインタフェースについて紹介する。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本臨床神経生理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top