熱測定
Online ISSN : 1884-1899
Print ISSN : 0386-2615
ISSN-L : 0386-2615
高分解マイクロ波誘電スペクトルで観るイオン,荷電高分子鎖,タンパク質周りのハイパーモバイル水
鈴木 誠宮崎 崇
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 34 巻 5 号 p. 244-250

詳細
抄録

高分解マイクロ波誘電スペクトルを応用した水中の溶質の水和状態を解析する方法を開発した。φスキャン法は溶質周りの水の誘電特性の空間分布に関する情報を提供する。溶質として,アルカリハライド塩,荷電高分子,タンパク質分子等の水和状態を明らかにすることができる。水の構造を破壊する塩として知られるヨウ化アルカリ等はバルクの水より高い誘電緩和周波数の水(ハイパーモバイル水)を周りにもっている。荷電密度の高い高分子やアクチンフイラメントもハイパーモバイル水をもっている。この水は,アクトミオシンの運動機構に関わるなど,生理的な意味でも重要な役割を担っているかもしれない。

著者関連情報
© 日本熱測定学会
前の記事 次の記事
feedback
Top