デジタルアーカイブ学会誌
Online ISSN : 2432-9770
Print ISSN : 2432-9762
ポスター発表
[P06] デジタルアーカイブに対するDOI活用の可能性
住本 研一余頃 祐介
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 2 巻 2 号 p. 152-153

詳細
抄録

科学技術基本計画[1]にもオープンサイエンスの重要性が明記され、論文のオープンアクセス化、研究データのオープン化への動きが活発になっている。また、オープンサイエンスの基盤としてのデジタルアーカイブの重要性も増している。

このように多くの情報が行き交うようになると、コンテンツの特定や識別が重要になる。今回ジャーナル論文では一般的になった国際的永続識別子DOIを紹介する。DOIは、論文だけで無く登録対象コンテンツを最近増やしており、今回国内での古典籍への適用事例や海外でのデジタルコンテンツへの適用事例等を紹介したい。当日はそれらの事例を踏まえて、デジタルアーカイブに搭載されたコンテンツへのDOI適用の可能性を議論させて頂きたいと考えている。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top