日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
症例報告
にがり大量飲用による高マグネシウム血症, 高カルシウム血症から心肺停止に至り集学的治療で救命し得た1例
坂井 健太郎田中 秀明古原 千明下村 有希子杉山 友貴吉水 秋子松井 礼井上 智博上野 正克塚本 竜生東 治道
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 51 巻 4 号 p. 283-288

詳細
抄録

にがりは食塩を海水から精製する過程で得られるものであり, マグネシウム (Mg) やカルシウム (Ca) などのさまざまな電解質を含む. したがって過剰摂取は電解質異常を起こし得る. 今回われわれは, にがり大量飲用に起因する高Mg血症, 高Ca血症から心肺停止に至った症例を経験したので報告する. 症例は21歳の女性で, にがり1本を飲用し8時間後に当院へ救急搬入された. 搬入時には会話可能であったが, その後心肺停止に至った. 来院時の血液検査でMg, Caの異常高値が判明したため, 蘇生後直ちに血液透析を行った. 血中Mg, Ca濃度は透析開始後次第に低下していき, 第3病日までには正常化した. にがりの大量飲用では電解質をチェックし, 早期に血液透析を行うことが肝要である. また高Mg血症は心肺停止のみならず, さまざまな臓器の出血傾向を助長し得るため, 集学的な全身管理が非常に重要となってくる.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本透析医学会
次の記事
feedback
Top