日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
漢方製剤エキス顆粒 (医療用) 中のカリウム含量 (第2報)
桜井 寛宇須井 恵子田島 珠美関 文子井上 明子高木 範子西沢 睦桜田 京子関 敦子竹沢 真吾
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 28 巻 7 号 p. 1081-1085

詳細
抄録

ツムラ漢方製剤エキス顆粒 (医療用) の各方剤についてK含量を測定し, その全貌を明らかにし, 1包中のK含量は4.7-50.2mg (1g当1.88-16.52mg) の範囲にあることを確認した.
128方剤のうち10mg未満のKを含むものは10品目, 10mg以上20mg未満のものは43品目, 20mg以上30mg未満のものは49品目, あわせて92品目 (71%) が10mg以上30mg未満の範囲にある. 30mg以上35mg未満のものは17品目, 35mg以上40mg未満のものは6品目, 40mg以上のものは大防風湯, 清上防風湯, 荊芥蓮翹湯の3品目となっている.
1包中10mg未満のKを含有する方剤の場合は, 1日3回服用するとしてそのK量はせいぜい30mgであり, 米飯一杯のK量39mgと比較して特に問題とする量ではなかろう. 10mg以上30mg未満のKを含む方剤は1日の食餌により体内に入るK量に比べれば, それほど問題とするほどの量ではないが, 食事由来のKに漢方製剤由来のKが上積みされることを考慮して血漿K値を参照しながら使ってゆくべきであろう. 30mg以上のKを含有する26方剤については, さらに一層の注意が必要である.
なお方剤中のK含量と, 方剤中に含まれる乾燥エキス量との間には正の相関が認められた.

著者関連情報
© 社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top