日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
患者情報管理システムの構築
市販データベースソフトを使用して
新井 浩之松崎 竜児矢吹 亜希子宗像 昭子森川 真由美三浦 明鈴木 利昭
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 31 巻 2 号 p. 151-156

詳細
抄録

情報の一元化を目的として院内LANを構築し, サーバー/クライアント方式の市販のデータベースソフト4D Server (ACI社製) を使用し, 独自に患者情報管理アプリケーションを開発した. ネットワークは, パーソナルコンピュータとしてMacintochを用い, Ethernet方式とした. アブリケーション開発にあたり, メニュー選択にメニューボードを採用し視覚的にわかりやすいメニューとした. また, 入力作業の軽減を目的として, ポップアップメニューを多用した. アブリケーションには, 透析スケジュール管理, 患者情報管理, 透析予定表・注射薬・内服薬・透析記録用紙の自動印刷, 紹介状自動作成, 透析医学会集計用ファイル作成, その他各種統計集計機能, 患者動向管理, 物品の在庫管理などの機能を設けた.
院内LANを構築することによりデータの一元化が容易に実現でき, 市販のソフトを工夫することにより, 安価に患者情報管理アプリケーションを作成することが可能である. また, 独自にアプリケーション開発することにより, 操作性・メインテナンス性に優れた, 当院に適したシステムとすることができた.

著者関連情報
© 社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top