日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
肝性脳症への分枝鎖アミノ酸製剤投与で高Cl性代謝性アシドーシスをきたし血液濾過透析 (HDF) にて著明改善を認めた保存期腎不全の1例
増田 貴博雨宮 守正大友 貴史森下 義幸鶴岡 秀一武藤 重明永江 玄太稲森 英明磯田 憲夫井戸 健一菅野 健太郎浅野 泰草野 英二
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 37 巻 9 号 p. 1809-1813

詳細
抄録

症例は64歳女性, 肝硬変, IgA腎症による保存期腎不全のため通院中であった. 2002年11月肝性脳症のため入院となり, 分枝鎖アミノ酸製剤を投与したところ, 18日目に意識障害, 頻呼吸が出現し, 高Cl性代謝性アシドーシスと高アンモニア血症を認めた. 炭酸水素ナトリウムを投与したが症状悪化したため, 血液濾過透析を1回施行した. 直後より臨床症状とアシドーシス, 高アンモニア血症の著明な改善を認めた.
血液濾過透析により, アシドーシスや高アンモニア血症が是正され, 肝性脳症の起因物質の一つとされるphenylalanineが除去されて意識レベルが回復したと考えられた.
腎機能低下患者では分枝鎖アミノ酸製剤投与でアシドーシスや高アンモニア血症をきたすことがあるが, 多くは投与中止と炭酸水素ナトリウム投与のみで改善する. しかし, 本症例のように, 1) 高度のアシドーシス・高アンモニア血症をきたしそれに伴う症状が強い場合, 2) 内科的治療 (主に炭酸水素ナトリウム) に対する反応が不十分な場合, などでは血液濾過透析が選択肢の一つであると考えられた.

著者関連情報
© 社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top