日本デジタル教科書学会年次大会発表原稿集
Online ISSN : 2188-062X
日本デジタル教科書学会第5回年次大会
セッションID: 1T-3A-3
会議情報

1T-3A 課題研究1「思考ツールとタブレット端末」 コーディネータ:片山敏郎(新潟大学教育学部附属新潟小学校)
教育分野におけるアプリ開発手法最適化とその実践例
*三浦 学支倉 常明
著者情報
会議録・要旨集 オープンアクセス

詳細
抄録

従来、教育系アプリは制作者側が利用シーンを想定し制作する「提供型」アプリが多かった。

一方、近年において学校現場にタブレットが普及する中、教師自ら実際の利用シーンを踏まえてアプリの開発を進める「要望型」の動きが出てきた。しかし、学校現場の要望に沿ったアプリ開発は通常とは異なる要件を満たす必要があったため、ここではその開発手法を検討し、最適化したフローで開発した実践例を紹介する。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top