日本環境感染学会誌
Online ISSN : 1883-2407
Print ISSN : 1882-532X
報告
常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策
井上 卓
著者情報
ジャーナル フリー

24 巻 (2009) 4 号 p. 244-249

詳細
PDFをダウンロード (436K) 発行機関連絡先
抄録

  当院常勤医師が発症した水痘に対し医療関連感染対策を行った.本人は陰圧個室に入院とし,アシクロビルの点滴治療にて軽快退院し,全発疹が痂皮化するまで自宅待機とした.医師が濃厚に接触したと考えられた院内職員116名および当該科入院患者44名の計160名は水痘帯状疱疹IgG抗体価を検査し,結果がでるまで予定手術は延期とした.感受性者(抗体価4.0未満)は患者2名と職員2名であった.2名の患者に対しては,患者と家族に事態を説明した上で個室管理とし,結果判明日から7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服してもらった.2名の職員は結果判明日から接触後21日目まで自宅待機とし,かつ,7日間アシクロビル40 mg/kg/日を予防内服させた.すでに退院した患者と外来患者に対しては電話で事態を説明し,急な発熱,発疹を認めた場合,当院を受診するようにお願いした.感受性者4名を含め,二次発症は認められなかった.
  今回の事例を経験し,全職員のウイルス抗体価の測定をしておき,感受性者に対しては可能な限りワクチン対策をとること,職員の感染症に対する意識を高めることが重要であると考えられた.

著者関連情報
© 2009 一般社団法人 日本環境感染学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

環境感染

feedback
Top