J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本環境感染学会誌
Vol. 26 (2011) No. 6 P 369-373

記事言語:

http://doi.org/10.4058/jsei.26.369

報告

  横浜市立大学附属病院における針刺し・切創,血液・体液曝露(血液曝露)を集計して,研修医の血液曝露の頻度や好発時期,発生場所,発生状況を検討した.さらに研修医を対象とした質問用紙調査を実施して事例の報告率を調べた.病院全体で2007年4月から2010年8月の41カ月間に320件の報告があった.研修医数は毎年約70人で病院全体の医療スタッフ数の5%に過ぎないが,研修医からの報告は59件で,全体の18%を占めた.研修医の血液曝露は病棟と手術部で発生することが多く,看護師や医師と異なり4,5月よりも7月に報告が多かった.発生状況は鋭利器材の使用中が多く,医師と異なり採血後の血液分注時,静脈留置針挿入時での発生が多かった.質問紙調査の結果では回答者32人(回答率53%)中9人がのべ13回の血液曝露を経験していたが,その報告率は50%と低く研修医の「過少報告」が明らかとなった.今後,研修医の事例の特徴を踏まえた防止対策を立てるとともに,報告しやすい手順,環境を作ることが重要と考えた.

Copyright © 2011 一般社団法人 日本環境感染学会

記事ツール

この記事を共有