日本環境感染学会誌
Online ISSN : 1883-2407
Print ISSN : 1882-532X
報告
病棟における輸液調製環境と輸液処方に関する多施設間実態調査
勝田 優小阪 直史村田 龍宣舩越 真理井上 敬之山下 美智子杉田 直哉勝井 靖澤田 真嗣大野 聖子清水 恒広藤田 直久
著者情報
ジャーナル フリー

30 巻 (2015) 5 号 p. 354-361

詳細
PDFをダウンロード (500K) 発行機関連絡先
抄録

  病棟での輸液調製では,調製時の汚染防止により注意を払う必要がある.病棟での輸液調製の現状把握のため,空気清浄度,調製環境,輸液メニューについて血液内科と外科病棟を対象に多施設間調査を実施した.空気清浄度調査は,5施設9部署にて実施し,パーティクルカウンターとエアーサンプラーを用いて浮遊粒子数と浮遊菌の同定・コロニー数を測定した.環境と輸液メニューの調査は,9施設13部署を対象に,調製現場の確認と10日間の注射処方箋(7,201処方)を集計した.空気清浄度は,0.5 μm以上の粒子数が,最も多い部署で3,091×103,少ない部署で393×103個/m3であった.浮遊菌は,黄色ブドウ球菌は3部署のみの検出であったが,コアグラーゼ陰性ブドウ球菌,Micrococcus属,Corynebacterium属やBacillus属は全部署より検出された.調製台は,9部署で空調吹き出し口の直下にあり,10部署でスタッフの動線上に設置されていた.混合のあった4,903処方のうち,3時間以上の点滴が31%を占めた.病棟での輸液調製マニュアルを整備していたのは,9施設中3施設のみであった.調査から,輸液調製台エリアの空気清浄度は低く,3時間を超える点滴が3割以上を占めるなど,細菌汚染が生じるリスクが高い可能性が示唆された.輸液汚染リスク軽減のため,日本版の病棟での輸液調製ガイドラインの策定が望まれる.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本環境感染学会
前の記事

閲覧履歴
前身誌

環境感染

feedback
Top