日本環境感染学会誌
Online ISSN : 1883-2407
Print ISSN : 1882-532X
原著論文
温水洗浄便座汚染が伝播の一因と考えられたmetallo–β-lactamase産生緑膿菌集団感染事例の検討
林 三千雄中井 依砂子藤原 広子幸福 知己北尾 善信時松 一成荒川 創一
著者情報
ジャーナル フリー

30 巻 (2015) 5 号 p. 317-324

詳細
PDFをダウンロード (830K) 発行機関連絡先
抄録

  2007年1月から2012年12月までに当院血液内科病棟の入院患者より分離されたmetallo–β-lactamase (MBL)産生緑膿菌24株について細菌学的,遺伝子学的解析を施行すると共に,その患者背景を調査した.POT法を用いた遺伝子タイピングでは24株すべてが同一株と判定された.患者リスク因子では抗緑膿菌活性のある抗菌薬使用が21例,末梢静脈カテーテル留置が20例,過去一年以内のクリーンルーム入室歴が18例であった.器具の洗浄消毒方法の見直し,手指衛生や抗菌薬適正使用の徹底などを実施したが血液内科病棟における新規発生は減少しなかった.環境培養の結果などから伝播ルートとして温水洗浄便座を疑い,同便座ノズルの培養を行ったところMBL産生緑膿菌保菌者が使用した便座ノズルの27.2%から同菌が検出された.2013年1月,温水洗浄便座の使用を停止したところ新規のMBL産生緑膿菌検出数は減少した.その後,同便座の使用を再開したところ再び増加したため,2014年1月以降使用を停止した.血液内科病棟への入院1000 patints-daysあたりの新規MBL産生緑膿菌検出数をMBL産生緑膿菌感染率とすると,温水洗浄便座使用時は0.535,中止中は0.120であった(p=0.0038).血液内科病棟における温水洗浄便座の使用はMBL産生緑膿菌院内伝播の一因となり得ると考えられた.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本環境感染学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

環境感染

feedback
Top