日本環境感染学会誌
Online ISSN : 1883-2407
Print ISSN : 1882-532X
ISSN-L : 1882-532X
原著
一般病棟における尿道留置カテーテル関連尿路感染症の発生と適正使用状況について:単施設後ろ向きコホート研究
栢内 直美加藤 幹朗崎浜 智子
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 37 巻 3 号 p. 69-77

詳細
抄録

単施設一般病棟における尿道留置カテーテル関連尿路感染症(Catheter Associated Urinary Tract Infections:CAUTI)の発生と,カテーテルの適正使用状況について後ろ向きコホート研究を行った.対象は2017年4月からの21か月間に,病院内で尿道留置カテーテルを挿入され一般病棟で管理された606症例とした.結果,CAUTIは19症例に発生し,発生率は4.1/1000 device-dayだった.単変量解析で関連が確認されたリスク因子は,挿入時の「慢性心不全(あり)」,「寝たきり度(高い)」と,留置中の「留置期間(長い)」,「閉鎖性の維持(破綻あり)」だった.適正使用状況調査では,適切な理由での挿入が43.4%にしか及ばず,留置中の使用基準遵守率は留置後1週間毎に38.1,35.9,34.3,33.3%と減少した.膀胱洗浄によって閉鎖性の維持が破綻した11症例中3症例にCAUTIを発症した(p<0.01).抜去後の排尿自立支援において,不適切なタイミングでの導尿が30症例(38.0%),抜去後の再挿入が26症例に確認された.カテーテルを留置したままの退院も21症例認めた.CAUTI低減に向けて使用基準の遵守,タイムリーな抜去,閉鎖性の維持,携帯型超音波膀胱容量測定器の導入,専門チームによる抜去後排尿自立支援などケアバンドルの実施向上が望まれた.

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本環境感染学会
次の記事
feedback
Top