環境感染
Online ISSN : 1884-2429
Print ISSN : 0918-3337
ISSN-L : 0918-3337
2007年4月から7月にかけてのさいたま市における麻しん流行の疫学的研究
松本 映里佳坂本 由紀子嘉悦 明彦高野 真理子宮崎 元伸畝 博
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 22 巻 4 号 p. 278-282

詳細
抄録

さいたま市では, 麻しんの根絶を目標に, 正しい知識の普及啓発, ワクチン接種の完全実施, 患者の全数把握による発生動向調査を実施している. 2007年4月以降, さいたま市において, 例年にない麻しんの発生がみられた. 本研究では, 報告された麻しん患者について解析し, さいたま市における初めての麻しん流行を評価した. 第14週 (4月2日から8日) から第27週 (7月2日から8日) にかけて報告された麻しん全症例を対象とした. 把握された麻しん患者の総数は422例だった. 週ごとの報告患者数は, 第22週 (63例) をピークに漸減した. 報告患者全体でのワクチン接種の状況は, ワクチン既接種者142人, 未接種者187人, 不明者93人だった. 年齢5歳階級でみると, 15-19歳が最も多く31%を占めた. 年齢階級別にワクチン接種の状況をみると, 生後12月未満では全症例にワクチン接種歴がなく, 15-19歳では41%にワクチン接種歴が認められなかった. 麻しんの排除にむけた対策として, 定期予防接種の徹底と対象年齢の再考が, 重要な課題と考えられた.

著者関連情報
© 日本環境感染学会
前の記事 次の記事
feedback
Top