環境感染
Online ISSN : 1884-2429
Print ISSN : 0918-3337
ISSN-L : 0918-3337
塩化ベンザルコニウム・エタノールローションによる手指消毒効果の検討
伊藤 トモ子牧 ゆかり藤原 悦子山本 りえ下大迫 祐子井上 悦子矢部 博樹永井 謙一仲西 寿男神木 照雄
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 3 巻 1 号 p. 83-86

詳細
抄録

院内感染予防のための効果的な手指消毒法を石ケンと流水による手洗い, ベースン法および速乾性擦拭消毒剤 (塩化ベンザルコニウム・アルコールローション) で検討した.ICU病棟における排便介助後に手指細菌数が増加し, 日常看護業務で手指が細菌汚染を受けることが示唆された.石ケンと流水による手洗いでは除菌率42.5%であり, ベースン法では除菌効果を認めなかったのに対し, 塩化ベンザルコニウム・アルコールローションによる擦拭消毒では除菌率93.1%と高く, 前二者にくらべ有意に優れた除菌効果が認められた.また本剤は皮膚刺激性が少なく, 皮膚炎をおこさないことが重要である手指消毒薬としても推奨されるべき方法と考えられた.

著者関連情報
© 日本環境感染学会
前の記事 次の記事
feedback
Top