日本臨床救急医学会雑誌
Online ISSN : 2187-9001
Print ISSN : 1345-0581
調査・報告
薬剤師の集中治療室専従化による薬物治療への影響
中薗 健一高野 尊行根本 真人長谷川 伸之
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 17 巻 6 号 p. 761-765

詳細
抄録

集中治療室(ICU)では,時間経過とともに刻々と変化する病態に合わせた薬物治療計画が必要である。そのため,薬剤師による迅速な薬学的介入は重要であると考えられる。今回,ICU専従薬剤師による全身管理への薬学的関与の影響について検討した。方法:那須赤十字病院ICUへ入室した患者を対象とした。2010年1月から12月の270名を専従前群,2013年1月の49名を専従後群とした。薬剤管理指導記録から薬学的介入の内容,薬物治療変更の有無について比較検討した。結果:薬剤管理指導実施率は専従前64.1%から,専従後91.8%へ有意に増加した。薬学的介入による薬物治療変更は,専従前51.3%,専従後73.2%へ有意な増加を認めた。考察:ICUへの薬剤師専従化により,薬学的介入件数,薬物治療変更率はともに増加した。これより,患者の病態変化に合わせた迅速な薬学的介入を行うことができた。

著者関連情報
© 2014 日本臨床救急医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top