日本臨床救急医学会雑誌
Online ISSN : 2187-9001
Print ISSN : 1345-0581
原著
病院外心停止症例におけるアドレナリン投与の脳機能予後に対する効果(第一報)
―傷病者への接触からアドレナリン投与までの時間が社会復帰に及ぼす影響―
植田 広樹田中 秀治田久 浩志匂坂 量白川 透後藤 奏島崎 修次
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 19 巻 4 号 p. 578-585

詳細
抄録

背景:病院外心停止傷病者に対するアドレナリンの投与の有効性については臨床的なエビデンスが不十分である。目的:救急救命士が心停止プロトコールに沿って実施したアドレナリン投与が社会復帰率に及ぼす影響について検討すること。方法:全国ウツタインデータ(2006〜2012年)から300,821症例を対象とし,アドレナリン投与群(n=40,970)と非投与群(n=259,851)に分類して効果を解析した。結果:アドレナリン投与による心拍再開率は非投与群の7.9%に対して投与群が22.5%と良好なものの,社会復帰率は非投与群の3.2%に対して投与群が1.9%と低値を示した。しかし,接触から7.9分以内に限定した早期投与群を検討すると,アドレナリンを投与された傷病者の社会復帰率は4.2%と,それ以降に比べ高かった〔OR=4.23(3.44-5.20)〕。考察:今後は,救急救命士が傷病者への接触から7.9分以内にアドレナリンを投与できるように何らかの工夫を講じ,傷病者接触から薬剤投与までの時間を短縮することが必要と言える。結語:病院外心停止症例においてアドレナリンは,早期に投与すれば社会復帰率を改善しうると考える。

著者関連情報
© 2016 日本臨床救急医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top