日本食品微生物学会雑誌
Online ISSN : 1882-5982
Print ISSN : 1340-8267
調査
手洗い時における乾燥方法がエタノールの手指消毒効果に及ぼす影響
村上 和保藤井 沙織杉山 治代多田 理恵玉川 淳子
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 26 巻 4 号 p. 208-211

詳細
抄録

手指衛生管理において,消毒が適正であるかどうかは非常に重要な事項である.本研究では,手洗い時のエタノール消毒効果をより確実に発現させる条件はいかなるものかを中心に検討した.石けんで手洗いを行い,ペーパータオルで水分をふき取った後には手洗い前に比べて手指の細菌数は減少したが,除菌効果は十分とはいえなかった.これにつづいてエタノール消毒(両手掌に噴霧し,擦り合わせながら乾燥)をした場合,80%, 99.5% エタノールでは十分な消毒効果がみられたが,70% では効果が発現しなかった.一方,手洗い後に手指を十分に風乾してエタノール消毒をすると,いずれの濃度でも十分な効果が認められた.そして,これらの条件での手洗い前後の手指水分量を調べてみると,手洗い後にペーパータオルでふき取った場合,手洗い前よりも水分量が依然として高かったのに対し,十分に風乾した場合,手洗い前とほぼ同等になった.以上から,エタノールによる手指消毒では手指を十分乾燥させることが極めて重要で,使用するエタノール濃度は 80% 以上が望ましい.

著者関連情報
© 2009 日本食品微生物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top