日本消化器がん検診学会雑誌
Online ISSN : 2185-1190
Print ISSN : 1880-7666
ISSN-L : 1880-7666
経験
胃がんリスク評価から経鼻内視鏡検診車にて実施した出張内視鏡検診(二次検査)
池田 聡池田 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 51 巻 6 号 p. 667-672

詳細
抄録

筆者らは世界初の経鼻内視鏡専用検診車を使用しての事業所への出張内視鏡検診を施行している。この検診をさらに効率よく行う為に, 胃がんリスク評価(ABC胃がんリスク分類診断)を組み合わせて胃がん罹患のリスクが高い受診者を抽出して出張内視鏡検診を行う新しい方法を施行した。今回の検診では対象者1,050名の血液検査より胃がんリスク評価を行いC群(150名)とD群(10名)を抽出, 同意頂いた96人に対し事業所における出張での経鼻内視鏡検査を施行, 内視鏡治療可能な早期胃癌を1例発見し得た。この新しい方法は胃がんの危険群を抽出し内視鏡検査で精密検査をすることになるため効率的な方法と考えている。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本消化器がん検診学会
前の記事 次の記事
feedback
Top