日本消化器がん検診学会雑誌
Online ISSN : 2185-1190
Print ISSN : 1880-7666
ISSN-L : 1880-7666
経験
ビデオカンファレンス法による大腸内視鏡挿入の勉強法
村田 聡鈴木 康元
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 51 巻 6 号 p. 679-685

詳細
抄録

大腸内視鏡挿入法をマスターするためには, 挿入法をパターン化することが極めて重要である。そこで, 二木会ではビデオカンファレンス法を用い, 会員各自が自己の挿入法を確立している。筆者は二木会に入会後, 大腸内視鏡検査の安全性や快適性は保ったまま, 回盲部挿入率(99.9%)および挿入時間(中央値2分57秒)を向上させることができ, ビデオカンファレンス法の有用性が確認できた。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本消化器がん検診学会
前の記事 次の記事
feedback
Top