図学研究
Online ISSN : 1884-6106
Print ISSN : 0387-5512
ISSN-L : 0387-5512
アポロニウスの問題の画法幾何学的解法
ニアーイェシュ H.
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 25 巻 1 号 p. 35-37

詳細
抄録

古くからよく知られているアポロニウスの問題はこれまでいろいろな方法で解かれているが, その中でもっとも巧妙な解法の一つは, 17, 8世紀のフランスの数学者Joseph Diez Gergonneによるものである。ここでは, 三つの円を直円錐の底面とする画法幾何学的な新しい解法を報告する。これは, 三つの直円錐が共有する一点が, 求める円の中心とその半径を与えるというものである。

著者関連情報
© 日本図学会
前の記事
feedback
Top