水文・水資源学会研究発表会要旨集
第18回(2005年度)水文・水資源学会総会・研究発表会
セッションID: 12
会議情報

8月3日(水)10:55~12:25 【降水】
降水量の極値更新に関する基礎的検討
*牛山 素行寶 馨
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
PDFをダウンロード (154K) 発行機関連絡先
抄録

降水量極値更新の情報は,豪雨時に,豪雨の激しさを伝える情報としてわかりやすく,有用な豪雨防災情報である.近年のデータ蓄積により,多くの観測地点について,極値更新情報が得られるようになったため,その基礎的な統計的性質を検討した.AMeDASデータ(観測所数1109,統計期間1979_から_2003)を用いた検討では,極値が更新されるまでの平均期間,すなわち平均記録保持年数は,各統計量とも経年的に線形で増加する傾向が認められた.おおむね統計期間が2年増えると,平均記録保持年数が1年長くなる.極値更新観測所出現率は,観測開始後10年で約10%,20年で約5%となった.SDPデータ(観測所数141,統計期間1961_から_2002)による検討結果もほぼ同様であった.

著者関連情報
© 2005 水文・水資源学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top