水文・水資源学会研究発表会要旨集
水文・水資源学会2013年度研究発表会
セッションID: P44
会議情報

【気候変動・地球環境】
北半球冬季を対象とした現在気候と将来気候におけるブロッキング現象の出現頻度
*鎌田 大督山田 朋人
著者情報
キーワード: ブロッキング現象, 温位
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

中緯度において発生する豪雨、豪雪、旱魃等のいわゆる極端現象はブロッキングによって引き起こされることが多い。本研究では、北半球冬季(12~2月)を対象にブロッキング現象の頻度と南北地表面温度勾配の関係を分析した。本研究は複数の全球気候モデル(GCM)の現在気候の再現結果及び将来予測結果を分析することによって極端現象をもたらすブロッキング現象の発生頻度及び、その物理機構の解明を目的とするものである。本要旨では2つのGCMの出力値を解析した結果を報告する。Pelly and Hoskins(2003)のブロッキングインデックスを用いた判定手法により判定を行った。本研究では将来予測におけるブロッキング現象の出現頻度がMIROC GCM、MPI GCM 共に増加傾向にあることが分かった。本学会の発表では、複数の全球気象モデルにおけるブロッキング現象の出現頻度及び物理機構について議論を行う予定である。

著者関連情報
© 2013 水文・水資源学会
前の記事 次の記事
feedback
Top