日本集中治療医学会雑誌
Online ISSN : 1882-966X
Print ISSN : 1340-7988
総説
カテーテル関連血流感染症予防に対してクロルヘキシジンアルコールは有用か
安田 英人讃井 將満日本集中治療教育研究会
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 20 巻 2 号 p. 217-226

詳細
抄録

近年,米国のカテーテル関連血流感染症予防ガイドラインでは,皮膚消毒薬として0.5%を超える濃度のグルコン酸クロルヘキシジンを含有するエタノール溶液〔クロルヘキシジンアルコール溶液(chlorhexidine alcohol solution, CH-AL)〕の使用が推奨されるようになった。しかしながら本邦では,依然として10%ポビドンヨードを使用する施設が多い。CH-ALのポビドンヨードに対する優位性を示す研究結果が多いが,エビデンスレベルは必ずしも高くなく,CH-AL濃度による予防効果の違いも明確ではない。CH-ALの妥当性を評価するためには,カテーテル関連血流感染症(CRBSI)およびカテーテルコロニゼーション予防における0.5%を含めた複数のCH-ALとポビドンヨードの効果を比較検討する質の高い研究を行う必要がある。

著者関連情報
© 2013 日本集中治療医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top