農業農村工学会論文集
Online ISSN : 1884-7242
Print ISSN : 1882-2789
ISSN-L : 1882-2789
研究報文
有明海奥部西岸域における貧酸素水塊形成に及ぼす物理的及び生化学的要因の影響
石谷 哲寛瀬口 昌洋郡山 益実
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 78 巻 3 号 p. 209-217

詳細
抄録

本研究は,有明海奥部西岸域において夏季小潮時を中心に形成され,この海域の生態系や漁業に悪影響を及ぼしている貧酸素水塊について,現地観測データ及び2層ボックスモデルにより,貧酸素水塊形成に及ぼす物理的及び生化学的要因の影響について明らかにすることを目的とした.有明海奥部の貧酸素水塊の形成時間率は,底質の含泥率やCODの高い西岸域において高かった.また,この海域の貧酸素水塊は,密度躍層の形成される小潮時において発生,拡大した.しかし,観測年により貧酸素水塊の分布や規模に違いが見られた.さらに,対象海域における貧酸素水塊形成の有無には,底層のDO消費率が他の物理的及び生化学的要因に比べて,常に強く影響した.

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top