J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 18 (2008) No. 2 P 181-188

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik.18-181

第16回(2008年度)研究報告会論文集

著者らは,大学生11 名を対象として,Web 情報探索行動の理解のためのユーザ実験を行った.情報探索タスクとしてInformational 指向およびTransactional 指向の探索課題を2 つ与え,それぞれ15 分間の課題遂行を行う探索実験を設定した.本稿ではとりわけ,課題遂行中の眼球運動計測装置による視線データの分析手法および予備的な分析結果について述べる.分析手法として,検索結果一覧ページに着目したものと,全探索プロセスに対してのおおまかな注視領域を設定したものとの2 つの方式を採用し,それぞれでの分析結果を報告する.

Copyright © 2008 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有